建築意匠 CAD

平面、立面、断面、3Dのどこからでも編集が可能
ARCHICADはグラフィソフトジャパン株式会社の登録商標です。

Charles Perkins Centre, Australia | fjmt | francis-jones morehen thorp | https://fjmtstudio.com | Photo c Keira Yang Zhang

製品概要

ARCHICADとは

ARCHICADのBIM(ビルディングインフォメーションモデリング)を使えば全ての詳細が保存され、 設計者は図面の整合性などを気にすることなく、建物のデザインに集中することができます。 ARCHICADはOpen BIMデザインコラボレーションによってインテリジェントなモデルベースのワークフローを提供し、 建設プロセスにおいて劇的な効率化を実現します。

ARCHICADの製品一覧

ARCHICADには「ARCHICAD 21」と「ARCHICAD 21 Solo」という2つの製品があります。 「ARCHICAD 21 Solo」にはパッケージはありません。グラフィソフトのWEBサイトからのダウンロードになります。

製品機能の比較は以下を参照してください。
http://www.graphisoft.co.jp/archicad/archicad21solo/

「ARCHICAD 21」の動作環境

Windows Mac
OS
推奨環境

Windows® 10(64-bit)
Windows® 8.1(64-bit)

*注:32-bit OSはサポートされていません。

推奨環境

Mac OS® 10.12 Sierra
Mac OS X 10.11 El Capitan

  1. Java 8以降が必要です。
  2. Windows® 8(64-bit)は互換性がありますが、GRAPHISOFTでテストされていません。
  3. Windows® 7(64-bit)は互換性がありますが、GRAPHISOFTでテストされていません。
  4. Mac OS X 10.10 Yosemiteは互換性がありますが、GRAPHISOFTでテストされていません。
  5. Mac OS X 10.9 Maverickおよびそれ以前のシステムとは互換性がありません(ARCHICADをインストールできません)。
  6. Windows Vistaは互換性がありません(ARCHICADをインストールできません)。
  7. Windows XPは互換性がありません(ARCHICADをインストールできません)。
CPU 64-bitプロセッサ必須。 Intel® Core 2 Duo 以降 4コア必須。 Intel® Core 2 Duo 以降 4コア必須。

注: パフォーマンスを利用するためには、4-8+コアの利用を推奨します。

RAM 8 GB RAM 必須、16GB、またはそれ以上を推奨。複雑なモデルには32 GB RAM以上推奨 8 GB RAM 必須、16GB、またはそれ以上を推奨。複雑なモデルには32 GB RAM以上推奨
ハードドライブ 10GBの空き容量必須
ディスプレイ 必須: 1366x768 以上 1440x900 以上を推奨
True Colorディスプレイアダプタ必須
ビデオカード Open GL 2.1対応のグラフィックカード。複雑なモデルの操作には1024MB以上のRAMを推奨。
※ 推奨ビデオカードの情報は下記のURLをご確認ください。
ARCHICAD 21 推奨ビデオカード(英語サイト)
プロテクションキー ARCHICAD 21はCodeMeterキー、もしくはソフトウェアキーで動作します。WIBUキーでは動作いたしませんのでご注意ください。
※プログラムアップデート等にインターネット接続環境が必要です。