設備施工図 CAD

DesignDraft(デザインドラフト) 空調・衛生版 「仕上げ」

シート空間に平面・断面、異縮尺図面をレイアウトできます。
3Dモデルを参照し、モデルの編集にシートも追従します。
整合のとれた図面に記号やシンボルを配置します。

シート空間に平面図・断面図、異縮尺図を複数レイアウト

  • 3Dモデルを用途に合わせて切り出し、シートに平面・断面をレイアウトします。
  • レイアウトごとに縮尺と角度設定し、ワンシートに異縮尺でレイアウトができます。
  • 図面は3Dモデルと連動し、3Dモデルが修正されるとリアルタイムに図面に反映され3Dモデルと整合性の高い図面作成ができます。
  • 断面図に不要な要素の表示/非表示の切替えができます。

製図シンボルのパターンを増強

  • 設備間寸法や破断線、流れ方向などを自動製図します。
  • 機番や部屋名、矢羽のパターンを増やしました。線種や色、角度などの作図設定を定義しメンバー間で共有し、同一シンボルで配置します。
  • 冷媒管サイズ凡例表記もワンクリックで一覧表を作成できます。
  • 図示記号や設備シンボルも搭載しています。設備シンボルはユーザー登録もできます。

モデル表現から図面としての表現へ

  • 図面化は、隠線処理およびDWGファイル出力ができます。
  • 隠線処理では、角ダクトフランジや用途ごとに外形線の線幅を設定し、メリハリのある見やすい図面を作成できます。
  • DWG出力も変換する線種、線種尺度の設定ができます。

※ 画像イメージをクリックしていただくと、拡大でご覧いただけます。