建設現場DX

GyroEyeHolo
GyroEyeはCAD図面や3Dモデルデータなどを基にAR/MR用のデータに変化し、スマートフォンやタブレットなどのスマートデバイスを活用するシステムです。
プレゼンテーションやシミュレーション、設備などの点検業務、遠隔コミュニケーション、関係者間での合意形成など活用範囲は広いです。

製品概要

GyroEyeHoloとは

GyroEye は、株式会社インフォマティクスが開発したソフトウェアで、2次元CAD 図面や3 次元モデルデータなどをAR/VR/MR 用のデータに変換し、スマートフォンやタブレット、スマートグラスなどのスマートデバイスで活用するシステムです。
Microsoft のHoloLens 上で動作するものを「GyroEye Holo」と称しています。

GyroEye Holo は、CAD 図面や3D モデルデータを現場に実寸投影することができるので、建築現場での位置出しや、現場での出来形確認、干渉確認などに活用が期待できるほか、2点間の計測や、インターネットを介して遠隔支援できるので、現場のユーザーとMRを介して情報共有・作業指示が可能になっています。

GyroEyeHoloの特長に関する資料はこちらからダウンロードしてください!

機能の詳細はメーカーHPをご参照下さい。

GyroEyeのシステム構成・ラインナップ

GyroEyeのシステム構成・ラインナップ

GyroEyeの仕様

GyroEyeデータコンバーター
入力ファイル形式 2D:DXF、DWG、MAN
3D:IFC、DXF、FBX、3DS、SKP、MAN
その他:PDF、JPG、PNG
出力ファイル形式 ビューワー用:GEN
ライセンス形式 ネットワークライセンス
動作OS Windows10
インターネット接続 要:
GyroEyeHoloビューワー(HoloLens2)
ライセンス形式 固定ライセンス
動作OS Windows10 1809以降推奨
GyroEyeHoloビューワー(iOS版)
ライセンス形式 固定ライセンス
動作OS iOS11以降(AR kitに対応した筐体)